円熟期(2002~)

水曜どうでしょうDVD第28弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」のセリフを“文字”にしてみました!

円熟期(2002~)
スポンサーリンク

ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編

  • ヨーロッパシリーズ第3弾
  • 旅慣れし、円熟味を増したどうでしょう軍団による、優雅な旅
  • “いとこのみっちゃん”“小林製薬の糸ようじ”

ヨーロッパの各国をレンタカーで巡るヨーロッパシリーズの第3弾です。
今回はローマを出発し、残りの“3ヵ国(バチカン市国・サンマリノ・ポルトガル)”へ向かいます。
後半に登場する大泉さんによるモノマネ、“いとこのみっちゃん”、そして渡辺篤史さんをイメージした“小林製薬の糸ようじ”は必見です。

全9回
収録開始日2006年8月22日
ミスター44歳
大泉さん33歳
藤村さん41歳
嬉野さん47歳
副音声
第一夜藤村さん・嬉野さん
第二夜~第四夜ミスター・藤村さん・嬉野さん
第五夜~第七夜大泉さん・藤村さん・嬉野さん
第八夜・最終夜ミスター・大泉さん・藤村さん・嬉野さん

予習すると楽しめるシリーズ

「ヨーロッパ・リベンジ」

DISC1 01 第一夜 オープニング~前枠

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
ミスターと大泉さんが交互に進行。
大泉さんは、自分の衣装よりミスターの衣装の方が派手なため、小松さんに派手にするように注文する。

02 札幌 HTB通用口 企画発表

2006年8月22日(火) 午前5時30分 札幌 HTB通用口
お二人が荷物を持って登場し、企画発表。
もちろん今回も行き先を知らない大泉さん。
大泉さん「世の中には変わらないものがありますね」
行きたいところは、もちろんアカプルコ。
偶然にも、大泉さんのTシャツの後ろには“ACAPULCO”の文字が。
ミスターが世界地図をめくると、ヨーロッパの地図が。

ヨーロッパシリーズのあらすじが藤村さんのナレーションベースで流れます。

21ヵ国中17ヵ国しか回れていないヨーロッパを、今回残りの“3ヵ国(バチカン市国・サンマリノ・ポルトガル)”を回ることに。
しかし、めくりの1ヵ国がめくられずに終わる。
大泉さん「これは…なんだっけ?」
ミスター「え?」
なぜかアイルランドだけ、なかったように進む。
大泉さん「ここ行く気ねぇんだな?」
ミスター「遠いだろ」
「21ヵ国じゃなくて 20ヵ国ですよ」
藤村さん「ヨーロッパ20ヵ国 完全制覇 完結編」

03 新千歳空港に向かう車中

新千歳空港に向かう車中。
前回までは、パリからスタートしていたが、今回はローマからスタート。
藤村さんが興奮して、バチカン市国を“バちこん市国”と言ってしまう。
ローマ→バチカン市国→サン・マリノ→フランス→スペイン→ポルトガルという行程。
藤村さんの指で測っておよそ3000キロの距離。
実質的な移動日数は8日間。
藤村さんが、今回訪れる街を次々と熱く紹介。
大泉さん「大丈夫?泊数超えてない?」
ゴールはユーラシア大陸の最西端、ロカ岬。
締めに「チャオ」とテンション高く挨拶する藤村さん。
大泉さん「漢字みたいなチャオ(茶王)だね」

04 イタリア ローマ サンタンジェロ ディレクター負傷

2006年8月23日(水) 現地時間 午前9時35分 イタリア ローマ サンタンジェロ
大泉さん「チャオ!
ローマにご満悦の大泉さん。
藤村さん「エレガントな旅を提案していきたい」
ミスター「スマートな旅」
藤村さんは、朝のローマをランニングするが、石畳の穴にはまり“大ケガ(捻挫)”をする。
大泉さん「始まってないんだよ 企画が…」

05 バチカン市国入国 バチカン博物館の行列に並ぶ

歩いてバチカン市国に入国。
大泉さんのヨーロッパ地図のTシャツに色を塗る。
バチカン博物館に入る行列に並んでみることに。

10分経過
着々と行列が進んでいく。
大泉さん「本当にこれ 入口に向かってんだろうな?」
藤村さん「どうする?献血とかだったらどうする?」

看板には短パンとランニングお断りのイラストが。
前には、短パン・ランニング姿の方が並んでる。
大泉さん「あの人 あそこでショック受けるぞ」

ここで疑問が。
藤村さん「博物館かなぁ?これ」
大泉さん「僕はねぇ藤村くん ミケランジェロが見たいんだよ」
藤村さん「礼拝じゃねぇの?」
「おめぇんち 神社だっけ?」
大泉さん「オレんち 神道だよ」
藤村さん「オレら浄土真宗だっけ?」

入場して30分後、静かに出るどうでしょう班。
大泉さん「出ちゃったなコレ…」
藤村さん「サン・ピエトロ大聖堂の中に入るための行列だったんだね」
大泉さん「どうでしょう軍団 明らかに失敗」

放送当時の後枠です。
大泉さんが、派手になった衣装で登場するが、ミスターもさらに派手な衣装で登場する。

スポンサーリンク

06 第二夜 オープニング~前枠

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
ミスターと大泉さんが交互に進行。
大泉さんは、自分の衣装よりミスターの衣装の方が派手なため、小松さんに派手にするように注文する。

07 まだホテルの前・まずはローマ脱出

2006年8月23日(水) 現地時間 午後1時50分 イタリア ローマ
午後2時に近いのに、まだホテルの前。
レンタカー屋を探す間に、藤村さんの足は腫れてくる。
大泉さん「全く同情の余地はないけども」
しかも、レンタカーはマニュアル車。
大泉さん「クラッチが固く さらに君の足を今 苦しめてるね」
「くじいた足はクラッチを踏む左足 ギアチェンジをするたびに 激痛を感じながら」
助手席では、ミスターが不安そうに地図をずっと見ている。
本日向かうサン・マリノの行程を、大泉さんの右足をイタリアに見立てて説明。
藤村さん「これで済ませますよ」

まずはローマ脱出を目指す。
するといきなりエンストする。
優雅な旅をお届けしようとするどうでしょう軍団だが、道に迷って余裕がない。
大泉さん「いやぁ これは優雅だなァ」

30分経過
いまだ道に迷う。
大泉さん「今 我々は…全く行きたくない方向に行ってるんですよ」
そして、高速道に続く道に出る。
しゃべりに夢中で、危うくフィレンツェに向かう道を間違えそうになる藤村さん。
大泉さん「陽気にしゃべってねぇ ほっといたら 運転席の捻挫はまっすぐ行ってましたよ 命拾いしましたねぇ 捻挫くんは」

サン・マリノからフィレンツェに目的地を変更する。

08 高速を降りてシエナへ

高速を降りて、トスカーナ地方のシエナへ。
大泉さんが巻き舌で、イタリア風にトスカーナ地方を説明する。
大泉さん「ドゥッ チョラ シエナ ハー(ドゥッチョなど シエナ派の作品も見逃せない)」

シエナの町を車で見学。
藤村さん「歩けばよかったんだけど ちょっとね…個人的な事情もあり」
大泉さん「致命的だな キミのやっぱり捻挫っていうのは」

藤村さんが大泉さんに、眠気が覚めるモノマネをリクエスト。

09 眠気が覚めるモノマネ 勢いのある大滝秀治さん

大泉さんが“何かを思い出した時に 勢いのある大滝秀治さん”のモノマネを披露。
びっくりする藤村さん。

#大滝秀治さん

大泉さんと嬉野さんが寝てる間に、フィレンツェに到着。

10 イタリア フィレンツェ

翌朝
ホテルのミスターの部屋のテラスでトーク。
昨日は、カメラを回す気力もなく、いきなり翌朝の映像に。
大泉さん「つなぎ方も乱暴だぞ」
ミスターの部屋が広いのに対し、なぜか大泉さんの部屋は狭かったらしい。
嬉野さん「ドア開けたら いきなりベッドがあった」
部屋がランクアップする“スターウッズメンバー”のカードを出した大泉さん。
大泉さん「そのカードをねぇ 持ってるとねぇ 部屋がランクアップするんだよ」
藤村さん「したじゃないですか」
大泉さん「この部屋は 僕の部屋なんだよ」
「オレはランクアップして あの部屋かい?」

次回の予告映像です。

放送当時の後枠です。
大泉さんが、派手になった衣装で登場するが、ミスターもさらに派手な衣装で船に乗って登場する。

スポンサーリンク

11 第三夜 オープニング~前枠

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
ミスターと大泉さんが交互に進行。
大泉さんは、自分の衣装よりミスターの衣装の方が派手なため、小松さんに派手にするように注文する。

12 イタリア フィレンツェを観光 大聖堂に並ぶ

2006年8月24日(木) 午前10時05分 イタリア フィレンツェ
フィレンツェの街を散策するどうでしょう軍団。
天井画があるという、ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)への行列へ並ぶ。
大泉さん「おいしいラーメン屋とかじゃないね?」

中に入ると、なぜか狭い階段を上っていく。
10分後、屋根の上に到着。
大泉さん「天井画を誰が飛び越せつったんだよ」

午後2時
お昼に、ビールとワインを飲んだ大泉さんは、顔が赤い。

13 サン・マリノへ向け出発 大泉さん泥酔

出発早々、寝る大泉さん。
大泉さん「どっか…ちょっと止まれるような所があったら…」
藤村さん「ど どうしました?」
大泉さん「ちょっと具合が悪いですよ」
高速ではなく、山道を選択したミスターの“独断”を責め始める大泉さんと藤村さん。
大泉さん「ミスターのワインディングロードをぉ 我々 今通ってますよぉ」
「内務調査部としては やはり… みすた君を告発せざるをえない」
「(内務調査部の私は)確かに 私は周りからは嫌われてるよ」
「つらい仕事だよ 仲間を告発するのは しかし!私は心を鬼にして 今回… ミスター君を告発します
ミスター「(ナビゲーター係の)後任を決めて下さい」
大泉さん「では新しい人事を発表するよ ナビゲート 藤村君 ドライバー みすた君」
藤村さん「後ろのボンクラは ずっとそこで 酒に酔っぱらいながら 目が覚めて ルートが間違ってたら とにかく告発する」

14 大泉さんさらに悪化

大泉さんの具合がさらに悪化する。
大泉さん「これ 完ペキ ヤマ迎えたな」
「どうでしょうはつらい」
嬉野さん「なにもしてない…」

午後5時
標識通りに進むが、なかなか進んでる感じがしない様子に、口をはさむ大泉さん。
藤村さん「おまえ寝てろって いいから」
大泉さん「オレはもう 寝れないからツライつってんだぞ」

なんとか高速道へ。
昼から酒を飲んだことを責められる大泉さん。
藤村さん「さっき「おい!シャワー浴びさせろ!」とか…起きしな… オレらに無理なこと言いやがったけど」
大泉さん「藤村君 それじゃ僕はずいぶんともう 性格破たんじゃないか」
「昼からワインを飲み みんなががんばってるところを 後ろでグースカ寝てだ そして起きしなに おい!シャワー浴びさせろ」
藤村さん「後ろの席は 後ろの席で つらいんだよね」
大泉さん「やることなんて ないんだぞ」
「よく考えてごらんよ 僕だけだぞ なんにも役に立たないのは
サービスエリアに到着。
大泉さん「オレにだって外に出る権利はあるんだ」

15 サン・マリノ共和国入国

午後6時
断崖絶壁にあるサン・マリノ共和国が見えてくる。
入国後、車両は進入できないため、徒歩で上っていく。
19ヵ国目、Tシャツに色を塗る。
本日の目的はボローニャ。
写真撮影で、大泉さんと藤村さんが揉める。

16 大泉洋のボローニャレポート

大泉洋のボローニャレポート
ガイドブックを読み上げる大泉さん。
大泉さん「これはやっぱり 役割分担」
「それぞれ難しさ…あると思いますよ」
藤村さん「あなたたちは だからヒマにどうやって打ち勝つか?」
大泉さん「これからも乱暴に入れてきますよ」

午後8時35分
再び、大泉洋のボローニャレポート
大泉さん「いやが上にも盛り上がってまいりました」

5分後
大泉さん「さぁッ!」
カメラが回るたびにレポートを入れる大泉さん。

雷が鳴り始める。
藤村さん「これは先生 回しといた方がいいんじゃ…」
嬉野さん「回してるんだって 回してんだっつの」
藤村さん「回してるんですか?」
嬉野さん「ずいぶん撮ってんだっつの
大泉さん「後部座席を侮辱しましたね 今!」

放送当時の後枠です。
大泉さんが、派手になった衣装で登場するが、ミスターもさらに派手な衣装でソリに乗って登場する。

スポンサーリンク

17 第四夜 オープニング~前枠

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
ミスターと大泉さんが交互に進行。
大泉さんは、自分の衣装よりミスターの衣装の方が派手なため、小松さんに派手にするように注文する。

18 イタリア ボローニャ付近

2006年8月24日(木) 移動2日目 午後9時38分 イタリア ボローニャ付近
高速の出口がわからず、道に迷ってしまう藤村さんとミスター。
大泉さん「明日には…申し訳ないけども 多少の入れ換え…」
藤村さん「いやいやいやいや…」
大泉さん「おふたりに任せると こういうね 状態になってるのは事実だから」
藤村さん「おまえが運転してだ 嬉野くんが地図を見てだ そして 僕とミスターが後部座席行ってごらん ボローニャ出れないよ絶対に」
大泉さん「そんなことないよねぇ うれしーねぇ」
嬉野さん「たぶん 出れねぇんじゃねぇのかなぁ」
大泉さん「そんなこと言ってたら 僕たち いっつまでもこっから出れないよ」

ボローニャに到着。
夕食でトーク。

19 イタリア ボローニャ

翌朝
本日は、ピサの斜塔を見て、エクス・アン・プロヴァンスへ。
今日は、後部座席・前部座席を交代することに。
大泉さん「ピサの斜塔 登ってやろうかと思って」

20 出発・ボローニャ脱出

藤村さん「後部座席にミスター 運転席に大泉さん 助手席には もうひとり 地図の読めないバカ 嬉野先生が」
どっちに向かえばいいかというところで、ミスターの助言が。
ミスター「フィレンツェです」
嬉野さん「フィレンツェだって オレさっき言っただろ」
大泉さん「そういう高圧的な言い方しなくても」
そしていよいよスタート、と思いきやいきなりエンスト。
嬉野さん「こっちから日が差してるから…」
大泉さん「星を読むような感じで…」
ミスター「僕らも緊張してますよね」
大泉さん「「なんでよ?」て布陣で今 挑んでるもんね」
「サッカーで言うと 前と後ろ 完ペキ入れ換えてる」
「バックが思いっきり 攻めて上がってるでしょ」
「今もう ゴール ガラ空きですよ今」
道を間違え、Uターンを試みるが、道の真ん中でエンストする。
信号待ちでは、窓洗いのお兄さんが。もしエンストすると洗われるハメに。
藤村さんが、大泉さんに話しかけると再びエンストし、後ろの車にクラクションを鳴らされる。
高速の入り口で、券を取れず、後部座席のミスターが身を乗り出しリカバー。
高速に乗れて、一安心のどうでしょう軍団。
大泉さん「開始早々 1点入れたと言っていいでしょう」
後部座席の役目として、ダジャレを求められるミスター。
ミスター「そうかぁー ダジャレかぁー ぴさぴさに…ぴさぴさにやってみましょうか
大泉さん「ダジャレ言うの 緊張しちゃってる」
ミスター「ぴさぴさにやるとねぇ…ボロボローにゃ

#ミスターのダジャレ

藤村さんが再びカメラを回し、大泉さんがしゃべりだす。
するとギアチェンジに失敗し、2速に入ってしまう。急激に減速する車。

21 有名なピサの斜塔へ

まもなくピサ
ピサの斜塔を見つけ、大声を出す藤村さん。
大泉さん「今 僕は軽く驚いて ムチ打ちになりましたよ」

ピサの斜塔で、“私が支えてる”ベタな写真を撮るどうでしょう軍団。

22 午後2時

午後2時
再び、前席後席交代する。
大泉さんはまたしても、昼からお酒を飲んでしまう。
大泉さん「僕がお昼にね ワインを飲もうか?飲まないか?実にこう悩んでる」
「嬉野くんは言ったね 「午後から僕ら後ろだよ」」

フルーツを食べ、やさぐれる大泉さん。
大泉さん「なんかやっぱり アレだな 後ろの方が性に合ってるな」
藤村さん「大泉さん アレですか? 大泉さんにファンの人っているんですかぁ?」
大泉さん「ハァ?」
「これ(やさぐれた姿)でやっぱり日々の疲れ みなさんとれてんですよ サラリーマンの入浴剤みたいな存在ですよ」
「その人よりも抑圧された男がさぁ」
「せっかく手に入れたサクセスを 洋ちゃん お酒飲んで台無しにするわけ」
「(ミスター(社長)は)100%ヒールだよね」
「キミ(藤村さん)の味方っていんのかよ?」
藤村さん「甘党からは支持されてる」
大泉さん「いいぞー!藤やん食べろー!」

次回の予告映像です。

放送当時の後枠です。
大泉さんが、派手になった衣装で登場するが、ミスターもさらに派手な衣装でソリに乗って滑り降りる。

スポンサーリンク

23 第五夜 オープニング~前枠

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
大泉さんが、派手になった衣装で登場する。
ミスターもさらに派手な衣装でソリに乗って滑り降り、ビタっと止まる。

24 フランス国境まで200キロ地点 9年前の道・フランス入国

2006年8月25日(金) 移動3日目 午後3時10分 フランス国境まで200キロ地点
9年前に通った地中海が見える道を通る。

フランスの国境を越えようとしようとしたところで、なぜかカメラを止める嬉野さん。
それを責めるミスターと藤村さん。そして擁護する大泉さん。
大泉さん「だって知らないうちに入っちゃったんだ あんたが悪いんでしょ」
エクス・アン・プロヴァンスまであと200キロ。

以前、エクス・アン・プロヴァンスで宿が取れなかった苦い思い出が、藤村さんのナレーションベースで流れます。

ちょっと良さげなレストランをガイドブックで見つける大泉さんだが、旅の教訓“メシより宿”を改めて確認する藤村さん。

25 エクス・アン・プロヴァンス

午後8時
明るいうちにエクス・アン・プロヴァンスに到着。
街はセザンヌ没後100年で賑わっている。
ホテルを発見し、大泉さんが確認に行くが満室。
どうやら、週末のセザンヌ没後100年の祭りで盛り上がっているらしい。
しらみつぶしにホテルをあたることに。

街中を車で走り、ホテルを探すがすべて満室。
9年前はこの時点で、“メシ”を食ってしまい、そのまま一晩中走るハメに。
ミスターは、エクス・アン・プロヴァンスから約60km離れた、ゴッホゆかりの地アルルを目指すことを提案。
藤村さん「ゴッホは死んで何年でしょうかね?」
大泉さん「藤村くん 不真面目な態度でいるからねぇ」
大泉さんは電話作戦を提案。片っ端からかけてみる。
藤村さんが電話をかけるが、「Tonight!?(今夜かよ!?)」と言われ断られる。
大泉さん「いくらだって おどかしてやればいいんですよ そんなの オーイエス!トゥナイト
結局、電話作戦も全滅。
すると、大泉さんが来る途中にデカいホテルがあると言い、そこへ向かう。
大泉さん「泊まってやるぞぉ 今年は!意地でも たとえ どんな宿でもな!」
大泉さんが、ホテルへ向かう。
あきらめムードの車内だったが、大泉さんが戻り、4人部屋をゲット!

見事チェックインしたファミリータイプの部屋に入ると、ダブルベッドが2つ。
藤村さんが、もう一部屋空いてないか確認すると、キングサイズのベッド2部屋も取れるガラ空き状態だった。

街に繰り出し、夕食へ。

26 2時間後

2時間後
藤村さん「ミスター大泉!」
お酒を飲んで、ご陽気などうでしょう軍団。
大泉さん「ミスター鈴井 歌いなさいよ」
嬉野さん「それ何だっけか?」
藤村さん「誰のモノマネですか?」
大泉さん「これはビビる大木さん」
「ミスター大泉 もっと大きな声で」
「これは視聴者さすがに ひとっつもおもしろくないぞ」
ミスター「今日は本当にね 大泉くんに学んだよね」
大泉さん「あきらめちゃ ダメなんだよ」
藤村さん「ネバギブアップ!」
大泉さん「ネバギブアップ! もっと大きな声で」

放送当時の後枠です。
大泉さんが、派手になった衣装で登場する。
ミスターもさらに派手な衣装でソリに乗って勢いよく滑り降り、ビタっと止まり、投げ出される。
藤村さん「慌ててマネージャー入ってきちゃいましたけど」

スポンサーリンク

DISC2 01 第六夜 オープニング~前枠(マグロ編)

前回までのあらすじが藤村さんのナレーションベースで流れます。

放送当時の前枠です。
大泉さん扮する渡哲也さんが、マグロを持って進行。
船に乗って登場したミスターが後枠でダイブします。

『マグロ』は2007年に放送された、渡哲也さん主演のテレビ朝日のスペシャルドラマです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AD_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

02 フランス エクス・アン・プロヴァンス

2006年8月26日(土) 移動4日目 午前9時30分 フランス エクス・アン・プロヴァンス
本日の目的地は、スペインのバルセロナ。
大泉さんの運転で出発。

03 バルセロナに向け出発

ホテルの出口。門が閉まっているが、センサーで向こう側に開くと予想。
いきなりエンストする。
さらに、こちら側に門が開き、パニック状態の大泉さん。

藤村さんの言われるがままに、“マルセイユ方面”の高速に入る大泉さん。
しかし、地図を静かに見つめるミスター。
行けないこともないが、遠回りになる。

しばらく高速を進み、分岐点を間違える藤村さん。
高速を降り、Uターン。
しかし、また逆方向に進み始める。
藤村さん「いや でもいい景色ですよ」
ミスター「いやいや ちょっと待って下さい」
どこまでも、ポジティブな藤村さんに怒る大泉さん。

04 9年前の道

9年前、ホテルで泊まれなかったどうでしょう班が仮眠をとったS.A.付近へ。
しかし、記憶が曖昧なため、なんとなく通過する。
ミスター「こういう話題になる予想がついてるなら 普通ならこう…写真とか持ってくる」
藤村さん「持ってくるね…うん」
ミスター「それ持ってこない?」
藤村さん「ねぇミスター大泉」
大泉さん「そういうものを持ってこいと ウチの社長は静かに今 注意したんだよ」
「キミはアレだな テレビマンとしては最低ランクだよな」
「小さいところで ズルのし放題」
藤村さん「小さなことばかりを気にしてると 道を誤るぞ てこと」
大泉さん「キミはよく 道を間違えてるけども 真逆によく行ってるぞキミ」

スペインに入る前に運転交代。

05 スペイン入国

スペインに無事入国。
ここで、不吉なメッセージが…。

06 スペイン バルセロナ・サクラダ・ファミリア

バルセロナに入るが、分かれ道が複雑すぎて、ミスターも道を見失ってしまう。
なんとかサクラダ・ファミリアに到着。

午後8時、見つけたホテルへ入る。

07 スペイン バルセロナ

翌朝、午前8時、ホテルの部屋。
昨日の深夜、ミスターは吐いてしまう。
昨日、地図を見すぎて疲れてしまったらしい。

08 気をつかう男たち

本日も出発。
どこかミスターに気を遣う、大泉さんと藤村さん。
大泉さん「(地図通りに行かなくなった途端)一瞬ちょっと黙りますからねぇ ミスター」
「それでですねぇ ミスターの回路はプスプスと音をたててですねぇ 「ちょっと待ってください」「混乱してます」そしてね ミスター また夜な夜な吐くんですね」
「大泉洋もさすがに茶化せない雰囲気がありましてですね 悲しいですね そうなると大泉洋はどうするか? 黙るしかない
「いけません ゴール前で我々 ポテチ食ってましたからね」
藤村さんは昨日の夜、レストランを探す時も、小さな地図をミスターに渡して探させたらしい。
大泉さん「向こうのディフェンス4~5人に囲まれても 何も言わないんだよねぇ」
「アレ?囲まれてるなぁ」
藤村さん「パス出して下さい」
「そしたら僕らも囲まれたら すぐもう渡しますから「ハイ!ミスター」」
「パッパッと ワンツーでね」
大泉さん「「もうかよ!」「もうちょっとおまえキープできるだろ!」」
「我々は速いパス回しで「ハイ!ミスター」」

09 大ゲンカ

10分後
ホテルのカギの件でもめる大泉さんと藤村さん。
藤村さん「(景色を指差して)おおキレイだねぇ大泉くん」
大泉さん「いーや その話じゃねぇな」

5分後
ホテルのミニバーの金額でもめる大泉さんと藤村さん。

5分後
またもめる。
岩山を雪山に見間違えた大泉さんをバカにする藤村さん。

5分後
カネの話でもめる。
大泉さん「あいつの今 右足パンパンに腫らしてやるからな」
藤村さん「おまえの膀胱 破裂さしてやるぞ」
大泉さん「まさに闘牛士のように彼を倒してやるぞぉ」
「向かってくる彼に サッとこう剣を刺してね」
「旅のお仲間が ひとり減りますよぉ」

10 後枠(マグロ漁船スタント編)

次回の予告映像です。

放送当時の後枠です。
大泉さん扮する渡哲也さんが、マグロを持って進行。
大泉さん「慣性の法則で ミスターさんは元気に飛び出す」
ミスターが船に乗って滑り降り、勢いよく飛び出します。

スポンサーリンク

11 第七夜 オープニング~前枠(岩石オープン編)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
大泉さん扮する渡哲也さんが、マグロを持って進行。
岩石オープンに乗って登場したミスター扮する原始人が、後枠でダイブします。

12 スペイン バレンシアまで40キロ地点

2006年8月27日(日) 移動5日目 正午 スペイン バレンシアまで40キロ地点
バレンシアでパエリアを食べることに。
大都市に入ると、ミスターが疲弊するため、手前のサグントという街でパエリアの店を探す。
しかし、日曜日のため、どこの店も閉まっている。
ここでも揉め始める大泉さんと藤村さん。
藤村さん「大泉さんみたいな名前の中華料理屋ありますよ ちんけ(珍家)」
大型のスーパーマーケットも閉まっている。
ミスターの提案でバレンシアに向かうことに。
ミスター「逆に吐く気でがんばります」

13 バレンシア

午後1時半
バレンシア市街に到着。
大泉さん「閉まってますよぉ」
藤村さん「しかしすごい閉まりようですなぁ」
大泉さん「閉まってます 閉まってます」
「閉まっていこう!」
藤村さん「閉まってこうぜぇ」
大泉さん「バッターびびってるよぉ」

40分後
開いている店を発見。
大泉さんが確認に行くと、パエリアが食べれるらしい。
大泉さん、またもお手柄。
本場のパエリアを美味しそうに食べるどうでしょう軍団。

14 からむ男

運転は大泉さんに交代。
酔っぱらってご陽気な藤村さんは後部座席へ。
ミスター大泉を連発し、大泉さんにからむ藤村さん。
「茄子アンダルシアの夏」や「千と千尋の神隠し」で声優をした大泉さんに無理難題をふる。
藤村さん「じゃ番台蛙で「ミスター大泉!」て言ってごらんよ」
大泉さん「意味分からないだろ」

15 名作モノマネ『みっちゃん』

おすすめ

藤村さん「アレもやって きのうやってくれた「みっちゃん」ていうやつ」
大泉さん「みっちゃんってのは ただのオレのいとこだろ オレに車を売る いとこなんだよ」
「おまえ あれ車走るか おまえな 走らんべ したらもう車変えたほうがええぞ 何する?」
「わかった したらおまえ 色 紫でいいな」
「なによ?したら「いや白とか」いや白だな わかった! 今あれだからな パールホワイトつって ビカビカ光ってるからな」
「カーナビも変わったからな エッチデーデーだど今
「あれだからな テレビもあれだど 地デジだぞ 地デジ!
「下取りはもういうなおまえ カンペキにやってっからオレ」
「またマネなんかしてたら言われるな」
「洋 おまえよ おまえなんか マネかなんかしたか?オレの おまえなんか言われるぞオレ どこ行ってもおまえ エッチデーデーておまえ」
藤村さん「これでちょっと寝れる」
大泉さん「おめぇは何だ?王様かなんかか?」
「なんかねぇのかな?どっかボタン押したらバーンて飛んでくような」
「バーン! ミスター大泉!」

第2回 どうでミー賞 名セリフ部門 第7位

16 スペイン クエンカ

断崖にあるクエンカの町、本日のホテル、パラドールに到着。
岸壁の上に建物が建っている。

緒方直人さんで、クエンカの町にナレーションを入れる大泉さん。
大泉さん「モヘンジョダロの遺跡です」
藤村さん「じゃじゃお得意の「みっちゃん」で」
大泉さん「これ あれだからな これ岸壁の上にあるからなこれな 魔法にかけられた町って言われてるからな これ家全部にエッチデーデー入ってるからな 全部地デジにしといたぞ これもう腐ってクエンカ?」

17 名作モノマネ『糸ようじ』

おすすめ

クエンカの夜景
下條アトムさんでナレーション。
そして渡辺篤史さんへ。しかし、嬉野さんから疑問が。
嬉野さん「それ似てますかねぇ?」
大泉さん「似てるでしょ これはもっと似てますよ」
嬉野さん「渡辺篤史さんでしょう?」
大泉さん小林製薬の糸ようじ
爆笑する藤村さん。
嬉野さん「それはちょっとなんか今ちょっと似てるかなと思いましたけど」
「その「糸ようじ」を言わないと似てないですよ」
大泉さん「クワンカの街を彩る 家々の夜景が糸ようじ
「断崖に浮かぶ 家々の夜景が クワンカの町を彩る糸ようじ 小林製薬の糸ようじ
「15世紀 難攻不落の要塞と言われたこの町も糸ようじ 小林製薬の糸ようじ
「宙づりの家に浮かぶ糸ようじ 小林製薬の糸ようじ

夜景に浮かぶマリア像。
藤村さん「ライトアップしてる」
大泉さん「小林製薬の糸ようじ
藤村さん「なにか前フリないの? おまえ言いたいだけだろ」
大泉さん「断崖の頂上に浮かぶマリア像は 小林製薬の糸ようじ
藤村さん「ダメだダメだもう ツボに入っちゃってもう」

翌朝、午前9時30分
本日はウベダという町に向かうことに。
藤村さんからのリクエスト。
大泉さん「これからウベダという町まで 小林製薬の糸ようじ

第2回 どうでミー賞 名セリフ部門 第2位

18 スペイン クエンカを出発

ドン・キホーテの看板を見つけるが、撮影できず黙り込む嬉野さん。
藤村さん「言わないね」
「裏からでもいいんだよ」
嬉野さん「・・・・・・」
藤村さん「もう回す気もないね」

おすすめ

大泉さんの意見がなかなか採用されない話に。
大泉さん「たまには聞き入れてもらえませんか?私の意見も」
藤村さん「聞きますよ 聞くだけは」
大泉さん「アカプルコ 連れてって下さい」
藤村さん「本気で連れてってみましょうか 一回」
大泉さん「それやっちゃったら僕 本当に引退してもいいですよ」
「第2の大泉洋を探せ!つって オーディションかなんかしていただいて」
藤村さん「オーディションに参加してくんでしょ?」
大泉さん「もちろん!私も」
「優勝は…大泉さーん!」
「僕らと一緒に旅をする人をオーディションでこう…」
「絶対オレより年下入れろ 間違えても中尾彬みたいな すごい重鎮入れてもダメだよ」
ミスターの提案で、藤村さんより年下で、大泉さんより年上を入れることに。
大泉さん「大泉くん カバン持ちなよ キミなんにもしないなぁ」
藤村さんの部屋に行く大泉さん。
大泉さん「昔の方が良かったよ 藤村くん」
藤村さん「モノマネ いいとこ突いてたよ 彼の方が… キミのは…まだやってるもんな 糸ようじ」
嬉野さんの部屋に行く大泉さん。
大泉さん「嬉野さんのオムツ替えながらさ いつもキミのオムツ替えてるの誰? 僕だろぉ」
「嬉野くん!」
藤村さん「寝ちゃってんの」
ミスターの部屋に行く大泉さん。
大泉さん「あっ ミスターすいません!今ちょっと ヅラ替えてたとこでしたか」
「ねぇ ちょっとキミ! ミスターがキミに話あるって言ってたよ ちょっと行ってごらんよぉ」
新人を罠にはめた大泉さん。
大泉さん「次の日の朝… 藤村さんちょっと… 彼 起きてこないんですよ ちょっと開けてみましょう ガチャ 死んでんだよもう」
「やっぱ新しいの入れんのはやめよう」
「最後そいつ殺しちゃうもん やっぱりダメだ」

19 風車の町 カンポ・デ・クリプターナ

風車の町 カンポ・デ・クリプターナにまもなく到着。
大泉さん「簡保の宿でクリスペプラーって 覚えればいいんじゃないか?」
藤村さん「それどういう意味?」
大泉さん「かんぽの宿でティナターナー」

カンポ・デ・クリプターナを散策。

20 日焼け止めクリーム・バックミラーに映る白い顔

おすすめ

『ハケンの品格』撮影中の大泉さんが日焼け止めクリームを買って、顔に塗るが、顔が真っ白に。
大泉さん「よくわかりませんよ よくわかりませんけど 70っていうね かなり数値の高いものを買ってきましたよ」
「どんなに塗り込んでも 白くなるんですよねぇ」
藤村さん「100とかないんすかねぇ?」
大泉さん「100ってのはほんと 石膏みたいなもん」
白い顔がツボに入る藤村さんが運転。
バックミラーを見るたびに爆笑する藤村さん。
大泉さん「バックミラー見過ぎでしょ」

21 後枠(岩石オープンスタント編)

放送当時の後枠です。
大泉さん扮する渡哲也さんが、マグロを持って進行。
岩石オープンに乗って登場したミスター扮する原始人が飛び出します。

スポンサーリンク

22 第八夜 オープニング~前枠(ハケン編)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
大泉さん出演の『ハケンの品格』より、東海林 武(大泉洋)が進行。
デスクに乗って登場したミスター扮する大前 春子(篠原涼子)が、後枠でダイブします。

23 スペイン ウベダまで200キロ地点・町を歩く白い男

2006年8月28日(月) 移動6日目 午後1時30分 スペイン ウベダまで200km地点
大泉さんの白い顔がツボに入る藤村さん。
藤村さん「本当 ごはん食べに行くときは離れてて下さい」
大泉さん「私がリーダーに見えるように振る舞いますよ」
「あぁ この人 白いからリーダーなんだな」

日焼け止めを塗り足し、昼食後、町を歩く大泉さん。町の人に笑われる。
藤村さん「(車の)中入ってから塗って」
大泉さん「中入ってから塗るっておかしいでしょう?」

大泉さん「アンアダルシア地方 入りましたか」
「アンアダ~ル~シ~ア~♪」
藤村さん「サンタルチアでしょ」
大泉さん「今のは真剣に間違えました」

ウベダの町に到着。
宮殿を改装したパラドール・デ・ウベダに宿泊。
ウベダの町を散策。

その夜…ひとりの男に とんでもない事態が起きていた

24 スペイン ウベダ

午前9時30分
ミスターのアップでスタート。
大泉さんの声はするが、姿は見えず。
大泉さんが画面に映ると、珍しくサングラス姿。
白身魚とエビのアレルギーで、目が腫れて、垂れ目状態に。
藤村さん「大泉さんですか あなた」
大泉さん「大泉です」
ミスター「ドラマ云々かんぬん以前の問題」
今回の旅は、嬉野さんだけは無事。
藤村さん「最年長 嬉野雅道 今日も元気!」
本日は、スペインのアルコス・デ・ラ・フロンテーラという村を目指す。

25 菓子を食うタレント

後部座席でお菓子を食べるミスターと大泉さん。
藤村さん「どういうつもりでテレビに出てんの?」
大泉さん「テレビに出てるちゅうか…無断で放送されてる」
「正直タレントていうよりか…さるとかに近い」
「片っぽなんて ケータイいじりだしちゃったからね」
ミスター「子供にメール書いてる」

26 アルハンブラ宮殿 白い二人・道を聞かれるキョンシー

アルハンブラ宮殿に到着。
さらに白く塗った大泉さん。それに続いて白2号、ミスターも登場。
藤村さん「別行動していいかい?」

遠くから藤村さんに声をかけるキョンシー。
キョンシーに道を聞く人が現れる。
大泉さん「白い村に入って 僕ら探すっていう企画どうですか」

27 午後5時

午後5時
ミスターの顔が日に照らされて、顔の白さが目立つ。
大泉さん「テラッテラな顔してますな」
「ラードみたいなってく」
藤村さん「ミスターさん 顔テッカテカですけど…疲れですか?」
ミスター「後部座席 疲れますねぇ なにもしてないんだけど 不思議です」
「すごい不本意ですよね」
大泉さん「「疲れた」って言いづらいですよね 「あんたなんにもしてないでしょ?」」

28 スペイン アルコス・デ・ラ・フロンテーラ 狭い道 教会の壁のすき間を通ってパラドールへ

崖にある「白い村」アルコス・デ・ラ・フロンテーラに到着。
教会の壁のすき間のパラドールへの道がものすごく狭い。
現地の人の誘導で、なんとか到着。

テラスはパンフレットと同く絶景が見える部屋だった。

29 後枠(デスクスタント編)※テイク2も特別収録

放送当時の後枠です。
大泉さん出演の『ハケンの品格』より、東海林 武(大泉洋)が進行。
デスクに乗って登場したミスター扮する大前 春子(篠原涼子)がダイブします。
が、いきなりスタート直後に横転。
面白かったが、テイク2も撮影。
ジャンプ台の上で停止してしまう。

スポンサーリンク

30 最終夜 オープニング~前枠(ハケン編)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
大泉さん出演の『ハケンの品格』より、東海林 武(大泉洋)が進行。
ユンボに乗って登場したミスター扮する大前 春子(篠原涼子)が、後枠でダイブします。

31 スペイン アルコス・デ・ラ・フロンテーラ・白い村で白い男を探せ

2006年8月30日(水) 移動8日目 午前9時30分 スペイン アルコス・デ・フロンテーラ
白い村で、顔が白い大泉さんとミスターを探すが、あっさり見つかる。

白い顔で車を誘導する大泉さん。
狭い道を抜け、なんとか町を脱出。

白い村の全体の風景を見ることに。
ミスターは赤いハット、大泉さんは黒いハットを被る。
大泉さん「黒いスイッチが大泉さん 赤いスイッチが鈴井さん」
「企画がボヤけるでしょ」
「そこまで適当なんであれば 私はこの広い画の中で 一回隠れたいですけどね」

大泉さんのリクエストで、広い白い村の風景でお二人を探すことに。
カメラをズームアップさせると、手を振るお二人。

32 ゴールまで500キロ

ゴールまで500km
大泉さんが「1/6の夢旅人2002」を入れようとするが、まだまだゴールまで距離があるため、藤村さんに拒否される。

33 ポルトガル入国 20ヵ国制覇達成

午後2時30分、ポルトガル入国。
これにて、ヨーロッパ20ヵ国制覇達成。
大泉さんのTシャツに色を塗る。
ユーラシア大陸最西端のロカ岬を目指す。

34 ポルトガル リスボン ユーラシア大陸最西端ロカ岬へ

リスボンに到着。
まもなくゴール。
大泉さんが「1/6の夢旅人2002」を入れようとするが、意思統一できず、藤村さんに拒否される。
しかし、ゴールを通り過ごしてしまう。
めんどくさい藤村さんは「ゴール」と叫ぶ。
納得できない大泉さんは引き返し、目印の灯台に到着するが、ここもゴールではなかった。
そこから場所がわからず行ったり来たりする。
ついにゴールらしき岬を見つけ、大泉さんが「1/6の夢旅人2002」を入れようとするが、藤村さんに拒否される。
大泉さん「もう今回 曲無しで行くわ」

35 ロカ岬

ロカ岬に到着。
ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 ゴール!
大泉さん「歴史上 まれにみる ダメなゴールだな」

岬の端まで歩くが
藤村さん「いや向こうの方が出てねぇ?西に…」
「いやここ 釣り場だって」
大泉さん「釣れるんだね ここ だから車いっぱい停まってんだ」
ミスター「違うね」
実はここは、もうひとつの岬“ラソ岬”だった。
大泉さん「こんな感じですよ」
ほぼ最西端にて記念撮影。

36 後枠(ユンボスタント編)~エンデイング

放送当時の後枠です。
大泉さん出演の『ハケンの品格』より、東海林 武(大泉洋)が進行。
ユンボに乗ってミスター扮する大前 春子(篠原涼子)がダイブします。

「1/6の夢旅人2002」が流れる、ダイジェスト・未収録映像・スタッフロールが流れます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました