転換期(2000~2002)

水曜どうでしょうDVD第22弾「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!/前枠・後枠 傑作選」のセリフを“文字”にしてみました!

転換期(2000~2002)
スポンサーリンク

中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!

  • レギュラー放送復活後の初の海外企画
  • 望遠カメラ“バズーカ”に苦戦する大泉さん
  • 現地ガイド マリーノさんの想像モノマネ「ノォーッ!」

幻の鳥“ケツァール”を探し撮影するレギュラー放送復活後の初の海外企画です。
『onちゃんカレンダー』の時にも登場した望遠カメラ“バズーカ”の取り扱いに苦戦する大泉さんや、現地ガイド マリーノさんの想像モノマネが見どころです。
最後には札幌市内のスーパーにて“写真展”も開催されます。

全6回
収録開始日2001年3月5日
ミスター38歳
大泉さん27歳
藤村さん35歳
嬉野さん41歳
副音声
第一夜・第二夜藤村さん・嬉野さん
第三夜・第四夜ミスター・藤村さん・嬉野さん
第五夜・最終夜大泉さん・藤村さん・嬉野さん

DISC1 01 第一夜 オープニング~前枠(トラ)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、何らかの生物に扮するミスターが走ります。

02 札幌 HTB通用口

HTB通用口からスタート。
今回、大泉さんのスケジュールは9日間も押さえられている。
もちろん海外ロケだが、大泉さんは行き先を知らない。
荷造りの仕方がわからず、今回もリュックひとつでやってきた大泉さん。
どうでしょう班の荷物も少ないが、見慣れないハードケースがある。

世界地図が登場し、まだ行っていない地域が紹介される。
行っていない地域は“暴れん坊のみなさん”ばかり。
今回はその行っていない地域に行くことに。
エントリNo.1 ロシア・シベリア
エントリNo.2 中米
エントリNo.3 南米
エントリNo.4 中東
エントリNo.5 アフリカ
エントリNo.6 南極
そして、今回の目的を発表。これで、行く地域が限られる。
ミスター「大泉洋さんに・・・野生動物の写真を撮ってもらおうと」
大泉さん「あぁ~!!」
崩れ落ちる大泉さん。
大泉さん「ここでしょ」と叫びながら、地図でアフリカを叩く。
絶望する大泉さんに、行き先を言わせる藤村さん。
しかし、行き先はアフリカではなかった。
行き先は、世界一野生動物に会える国、中米コスタリカ。

03 予告編

『中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!』の予告映像です。

今回はジャングルにあるロッジに宿泊する。

04 千歳空港へ向かう車中

千歳空港へ向かう車中で詳しい説明。
コスタリカには世界の全動物種の1/20、鳥類は1/10が生息している。
その中でも、世界一美しい鳥ケツァールを撮影するのが今回の目的である。
今回は撮ると息巻く藤村さん。撮影機器も、『onちゃんカレンダー』でも登場した望遠カメラ“バズーカ”を用意。

アメリカのダラスを経由して、コスタリカのサンホセに向かう。
コルコバード国立公園で2泊3日したあと、モンテベルデ自然保護区に向かう予定。

大泉さん「キミ以上にノリノリになることはない もう5年間ないもの」
藤村さん「大泉さんノリノリのご衣装だって当然用意してございます」
「動物といえばあの人みたいな
大泉さん「コスタリカでずっと裏声かい?」

写真を撮ったあとは、大泉さんの個展を開くことに。

05 コスタリカ共和国 サンホセ ホテル メリア・カリアリ

現地時間 午前1時15分、コスタリカ共和国 サンホセ ホテル メリア・カリアリに到着。
しかし着いたとたんにハプニングが発生。
ミスターの荷物が空港で紛失。
どうやらコスタリカのSanJose(サンホセ)ではなく、アメリカのSanJose(サンノゼ)に行ったのではないのかと予想。
ミスターの所持品はゲームボーイだけ。

明日はコルコバード国立公園に向かう。
今回は、コスタリカ在住の元HTBディレクターのひろしさんが同行するので、言葉の不安はない。

06 チャーター便 TAXI AEREO

翌朝午前8時30分、チャーター便 TAXI AEREO。
空港に行ったが、ミスターの荷物はまだ届かず。
二人は現地で買った“純粋人生コスタリカ”と書かれたTシャツを着ている。

風が強く、小さい飛行機でいささか不安。
窓の外には翼のない飛行機を大泉さんが発見。
大泉さん「藤村くん 明らかに燃えた跡があるよ 燃えたあと放ったらかしか?失敗を忘れないように
「緊張感が嫌が上にも高まるじゃないか」

放送当時の後枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、トラに扮するミスターが走り、大泉さんが追いかけます。

スポンサーリンク

07 第二夜 オープニング~前枠(ゾウ)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、何らかの生物に扮するミスターが歩きます。

08 チャーター便 離陸

チャーター便がいよいよ離陸。
一つ前に飛び立ったチャーター便を見て
藤村さん「あんなのはねぇ 小学校ぐらいの時に作ったことある」
滑走路を走り出す飛行機。
藤村さん「ハイジャックしようと思ったら簡単に・・・」
大泉さん「ハイジャックしてなんの得があるんだオレたちが」
飛び立ったのはいいが、グラグラ揺れまくり。

10分後、大泉さんが酔い始める。
なんとかテンションをあげようとする大泉さん。
大泉さん「よーし!僕はちょっとハイジャックするぞ 丘珠空港へ行けぇ」

目的地に到着。なんとか吐かずに済んだ大泉さん。
現地ガイドのカルロスさんが、バスの中でバナナの話をしてくれるが、内容はわからない。

09 船着き場

船着き場に到着。
ここからボートに2時間乗って、カーサ・コルコバードのロッジへ。
ミスターは藤村さんの派手な短パンを着用。

船着き場にいるニワトリで、試し撮り。
しかし、プロ仕様のカメラに悪戦苦闘。

10 ボートに乗船

ボートに乗船。
野生の鳥にカメラを向ける大泉さん。
すると、沈んで動かない船を発見。
大泉さん「またモニュメントだね 失敗を忘れない 決してあの間違いを犯さない 片づけろって」

川を下ること約一時間。
ボートが突然止まり、乗員たちがライフベストを着け始めた。
ここから海に出るため、高い波に備えての着用だった。
思ったより大きい波を越えていく小さなボート。
そして再び止まるボート。
大泉さん「なんだい?ポイントに着いたのかい?釣りかい?はい、下ろして~」
そこへ超大波がこちらに向かってくる。さらにこの辺には鮫がいるという情報が。
一瞬の隙をついて、海との境目を猛スピードで越えていく。

海に飛んでいるペリカンを撮影する大泉さん。

ロッジまではトラクターで移動。
藤村さんのレンズの大きいサングラスを無理やり貸し出され、着用するミスター。

11 コルコバード国立公園のロッジ カーサ・コルコバードに到着

ロッジの周囲を散策する。
カルロスさんが案内してくれるが、行けども行けども植物ばかり。
見つけたと思ったら、小さなトカゲ。

イノシシを見つけ、謎の鼻声で呼び寄せるミスター。

ハキリアリとアリジゴクを発見。
久米さんのナレーションが入る。

#久米明さん

クモザルを発見し、下條アトムさんのナレーションが入るが、早々と終了。

12 ロッジにて

午後9時24分、ロッジにてトーク。
カルロスさんの植物好きに苦戦するどうでしょう班。

大泉さん「(カルロスさんが)なんかすごく気がかりなこと言ったのは ケツァールはいないて言ったね」

放送当時の後枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、ゾウに扮するミスターが歩きます。

スポンサーリンク

13 第三夜 オープニング~前枠(マンドリル)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、何らかの生物に扮するミスターが走ります。

14 コルコバード国立公園

午前8時16分、コルコバード国立公園。
写真家の服装で気合いが入る大泉さん。
今日はカルロスさんのガイドで、ジャングルの中を約5キロ歩きます。

ハチドリがいると言われ意気込む大泉さんだったが、カルロスさんが見つけたのはハチドリの巣だった。
その後も、セミの抜け殻や、虫が食べた木の実などを見つけるカルロスさん。
そしてついに雛がいるハチドリの巣を発見。

15 キツツキ発見 バズーカ登場

国立公園の中へ。
キツツキを発見し、600mm望遠レンズ 通称バズーカ 重量約6kgを装着する大泉さん。
重さに耐えきれず、藤村さんが支える。
大泉さん「まったく見つかりません」
思い通りに撮れずに練習することに。
大泉さん「こんなもの約に立たねぇって 重てぇだけだってこんなの」
すると突然
大泉さん「う○こしたいんですけど」
一同「はぁ?」
困るカルロスさん。

小さなトカゲを撮影する大泉さん。
藤村さん「トカゲの写真が増えていきます」
大泉さん「小さなトカゲ展」

16 青い鳥発見 バズーカ登場

青い鳥を発見。再びバズーカ登場。
ミスターの肩を借りて撮影する大泉さん。
しかし、うまく捉えられず三脚を準備する。
だが、間に合わず青い鳥は飛んでってしまった。

キツツキが現れるも大泉さんはバズーカに大苦戦。
バズーカを外してもすべてマニュアル操作のため、一向に撮影できない。

トンボの撮影にようやく成功する大泉さん。

17 大きなタカ発見 バズーカ登場

滝で一休みしていると、大きなタカが出現。再びバズーカ登場。
木に止まっているタカの撮影に成功。
そして遂に飛び立つ瞬間の撮影にも成功。

ご機嫌の大泉さんは滝で泳ぐ。

18 海岸でコンゴウインコを探す

海岸にコンゴウインコがいると聞いて探すことに。
真上を飛ぶペリカンの撮影に成功。
そして真っ赤なコンゴウインコもやってきた。
これも見事に撮影成功。

放送当時の後枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、マンドリルに扮するミスターが木から降りて逃げ出します。

スポンサーリンク

19 第四夜 オープニング~前枠(ウミガメ)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、ウミガメに扮するミスターが丘の上から卵を産みます。

20 ハナジロハナグマ発見 バズーカ登場

カルロスさんが、ハナジロハナグマを発見。
再びバズーカを構える大泉さんと、奮闘するどうでしょう班。
だが結局バズーカを扱えきれず撮れなかった。

21 ロッジにキツツキ現る サルも出現 オウムも出現 ハナジロハナグマも出現

ロッジに帰るとキツツキが再び出現。
今度は三脚でバズーカを構え、撮影に成功。
サルには逃げられてしまい、オウムの撮影時は痛恨のフィルム巻きミス。

ミスターがハナジロハナグマを発見。
撮影するが、ほとんど何も映らず。

22 ロッジの部屋にてバズーカの撮影方法を解説

600mmのバズーカに非常に苦戦する大泉さん。
大泉さん「明らかに“撃つ”だね」
ピントを合わせるためには、顔でカメラを支えて調整しなければならず、トロンボーンのように伸縮してしまう。

明朝は、コルコバードを出発しサンホセへ。あさってはモンテベルデ自然保護区へ向かう。
出発ギリギリまでロッジの前で動物を待つ。

今回はオーロラの時のようにはいかないと息巻く四人。

23 出発ギリギリまで野生動物の出現を待つ

早朝5時35分、コルコバード最終日。
天体望遠鏡のように、バズーカを構える大泉さん。
カメラをタオルでカモフラージュするが、動物は一向に寄ってこない。
結局、シャッターチャンスは訪れず。

放送当時の後枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、ウミガメに扮するミスターが丘の上から卵を産みます。

スポンサーリンク

DISC2 01 第五夜 オープニング~前枠(オットセイ)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど映像が流れます。

放送当時の前枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、何らかの生物に扮するミスターが飛び跳ねます。

02 コルコバード国立公園を出発~サンホセに戻る

午前7時43分、コルコバード国立公園をボートで出発。
大泉さん「たいした成果もなくコルコバードを離れます我々 どうもありがとうコルコバード!たいしたものは見れなかったよ!」

サンホセの空港には、ミスターの荷物が無事届いていた。

03 サンホセ ホテル メリア・カリアリ

午後8時20分、ホテル メリア・カリアリの部屋。
明日はいよいよケツァールの聖地、モンテベルデへ向かうということで、例の方がスタンバイ。
ムツゴロウさんが力説するが、突然のキャラにいっぱいいっぱい。
明日からのモンテベルデ1泊2日が、ケツァールを撮影する最後のチャンスとなる。
ケツァールが撮れなければ、企画をボツにするとまで言う藤村さん。

#ムツゴロウさん

ガイドブックには、ケツァール見るならモンテベルデと書かれている。
しかし、現地の情報によると、モンテベルデで見た人はいないらしく、サン ヘラルド デ ドータという場所で見れるという情報を手に入れる。
一行はモンテベルデをやめて、サン・ヘラルド・デ・ドータを目指すことに。

ミスターがケツァールに扮して撮影するという“茶番”は今回一切なし!
と言いつつ茶番の用意はあり。
ミスターが“飛んだら”水曜どうでしょう最終回となる。

04 サンホセ コカコーラ バスターミナル

午前9時55分、サンホセ コカコーラ バスターミナル。
ここは治安が悪いらしく、ショットガンを持ったガードマンがいる。

バスでは陽気なコスタリカの陽気なラジオがかかる。
バスを降りると殺風景な標高2,000mの山の中。
迎えもおらず、不安になるどうでしょう班。

30分後、お迎えの車が現れる。
ケツァールは明日の朝6時半に見れるとのお墨付き。

05 サベグレロッジ到着 いきなりハチドリだらけ

ロッジに到着すると早速ハチドリを発見。
三脚とバズーカで撮影を開始する大泉さん。
しかし、自分が撮りたいばかりに、なぜか邪魔をするミスター。
バズーカで撃たれ、飛び散るミスター。
そして遂にシャッターチャンスが!
次々撮影する大泉さん。
余裕が出てきた大泉さんは、ハチドリが飛ぶ瞬間を捉えようとするが、フィルムが終了し、撮影できず。
ミスター「先生・・・」
ミスターが突然、声をかける。
ミスター「僕はショックなものを見てしまいました」
言われるまま、ロッジの2階を見上げると、餌付けされているハチドリがエサにたかっていた。
藤村さん「ハエみたいにたかってんじゃねぇか」
大泉さん「我々の苦労はなんだったのかね?」

放送当時の後枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、オットセイに扮するミスターがボールを頭に乗せます。

スポンサーリンク

06 最終夜 オープニング~前枠(ケツァール)

おなじみの水曜どうでしょうテーマソングに合わせて20秒ほど“クレーンとケツァールの扮装をしたミスター”の映像が流れます。

放送当時の前枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
画面の奥で、ケツァールに扮するミスターがクレーンで飛びます。

07 いよいよケツァール探し

午後2時17分、サン・ヘラルド・デ・ドータのサベグレ ロッジの周りを散策することに。
ケツァールが出たというポイントを見て回るが気配はない。
曖昧な地図で道を間違える藤村さんを責める大泉さん。

しばらく歩いても見つからず、雲も出てきたので、引き返そうという藤村さんとミスター。
大泉さんは行く気満々だが、藤村さんのしつこい釣りの誘いに乗ることに。

08 ロッジで釣り

ロッジの近くの川で魚を釣ることに。
話によると、ニジマスがバンバン釣れるらしい。

・・・が、2時間経っても全く釣れる気配なし。

その夜、本物の写真家の方と出会い、今日ケツァールを撮影できたと聞く。
しかも、天候が悪くなり、雲が発生するとケツァールがでるらしい。
どうやら、釣りをしていた時間にケツァールが現れたらしく、藤村さんを責める大泉さん。

09 コスタリカ 最後の朝 マリーノ登場

おすすめ

午前5時52分、コスタリカ 最後の朝。
昨夜、100%見れると断言したガイドのセニョール・マリーノさんの案内で出発することに。
藤村さん「数分後にはケツァールの姿 お見せします」

車でポイントに到着。
マリーノさんに着いていくと、早速ケツァールの鳴き声が。
待機を命じられ、バズーカをセッティングする大泉さん。
まもなく奥からマリーノさんがやってくると、それに合わせてケツァールが一羽、姿を現した!
ケツァールは、ものすごく鮮やかな緑の羽をもつキレイな鳥だった。
しかも、奇跡的にバズーカのファインダーに収まっているという大泉さん。
撮影こそできなかったが、マリーノさんのあまりにもすごいタイミングに疑いを持ち始める大泉さん。
大泉さん「あいつあそこでカゴから放したんじゃねぇか?」
「いっしょに来たもんだって マリーノと・・・」

ケツァールを見れたことに大興奮するどうでしょう班。
再び、森へと探しに行ったマリーノさん。
大泉さん「もう一回マリーノあそこ行きましたからねぇ おそらくもう一回打ち合わせをして もう一回飛ばすだろうと」
藤村さん「あそこだから見ちゃダメだね」
大泉さん「あそこには入れないはずですよ 僕ら行こうとしたら ノォーッ
必死の形相で両手で行く手を阻むマリーノさん (の想像モノマネをする大泉さん)。

藤村さん「あっマリーノ戻ってきた そしてマリーノは叫ぶよ 2匹来たッ!
「フィナーレなんてのはすごいよ」
5羽のケツァールを引き連れ、客席に挨拶するマリーノさん (の想像モノマネをする大泉さん)。

マリーノさんがどうでしょう班の背後を指差すと、そこにはケツァールが。
藤村さん「いつの間に来てた?あっち見てるうちに来てたんだねぇあれ・・・マリーノ巧妙だなぁ・・・」
大泉さんの撮影は順調に進んでいく。

後から来た団体客に紛れて先頭で撮影する鈴井カメラメン。
出過ぎてガイドの方に怒られる。

そして遂に近距離の撮影に成功する大泉さん。

10 撮影大成功

おすすめ

撮影は大成功。コスタリカを振り返るどうでしょう班。
農場主に大金を払うマリーノさん (の想像モノマネをする大泉さん)。
ケツァールが現れた池から出てノォーッと叫ぶマリーノさん (の想像モノマネをする大泉さん)。

大ケツァール展
大人 3千5百円
子供 3千円
ポストカード(サイン付き)4千円 30枚セット(バラ売りなし)

11 HTBニュース

おすすめ

HTBニュースで大ケツァール展の記事を読み上げる佐藤良諭アナウンサー。
札幌市内のスーパーの一角で開催された大ケツァール展で、お客さんに熱く説明する大泉さん。

12 後枠(ケツァール飛ぶ)~エンディング

放送当時の後枠です。
写真家に扮する大泉さんの進行でスタートです。
ケツァールに扮するミスターがクレーンで飛びます。

「1/6の夢旅人2002」が流れる、ダイジェスト・未収録映像・スタッフロールが流れます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました