海外ロケ

円熟期(2002~)

水曜どうでしょうDVD第28弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」のセリフを“文字”にしてみました!

ヨーロッパの各国をレンタカーで巡るヨーロッパシリーズの第3弾です。 後半に登場する大泉さんによるモノマネ、“いとこのみっちゃん”、そして渡辺篤史さんをイメージした“小林製薬の糸ようじ”は必見です。
転換期(2000~2002)

水曜どうでしょうDVD第24弾「ユーコン川160キロ~地獄の6日間~」のセリフを“文字”にしてみました!

前回の企画「対決列島~甘いもの国盗り物語~」で、惜敗したミスターと大泉さんの罰ゲームとして、カナダのユーコン川を、5泊6日のテント生活でカヌーで160キロ漕ぐという過酷な企画です。
転換期(2000~2002)

水曜どうでしょうDVD第22弾「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!/前枠・後枠 傑作選」のセリフを“文字”にしてみました!

幻の鳥“ケツァール”を探し撮影する海外企画です。 『onちゃんカレンダー』の時にも登場した望遠カメラ“バズーカ”の取り扱いに苦戦する大泉さんや、現地ガイド マリーノさんの想像モノマネが見どころです。
スポンサーリンク
黄金期(1999~2000)

水曜どうでしょうDVD第18弾「ゴールデンスペシャル サイコロ6/onちゃんカレンダー/30時間テレビの裏側全部見せます!」のセリフを“文字”にしてみました!

水曜どうでしょう初のゴールデンタイム放送の「ゴールデンスペシャル サイコロ6」、その放送の番宣のための生CMの舞台裏「30時間テレビの裏側全部見せます!」、そして「onちゃんカレンダー」の三本立てです。
黄金期(1999~2000)

水曜どうでしょうDVD第17弾「ヨーロッパ・リベンジ」のセリフを“文字”にしてみました!

「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」で、行けなかった国を再び訪れる企画です。 序盤こそ、「ここをキャンプ地とする」などの名言が飛び出すほど、山場を迎えますが、後半は、ただただ美しい北欧の景色が広がる風景に壊れていく大泉さんの姿が見れます。
黄金期(1999~2000)

水曜どうでしょうDVD第15弾「アメリカ合衆国横断」のセリフを“文字”にしてみました!

パブリシティ企画から始まり、大泉さんを騙してサンフランシスコからワシントンD.C.まで車で横断する走行距離約6,000kmの壮大な企画です。 どうでしょう班のチームワークが格段に成長しており、今でも笑える旅になっています。
創成期(1996~1998)

水曜どうでしょうDVD第12弾「香港大観光旅行/門別沖 釣りバカ対決/北極圏突入~アラスカ半島620マイル~」のセリフを“文字”にしてみました!

冒頭の大泉さんだましが秀逸の「香港大観光旅行」、水曜どうでしょうの名物企画の第一弾「門別沖 釣りバカ対決」、シェフ大泉が初登場する「北極圏突入~アラスカ半島620マイル~」の三本セットです。
創成期(1996~1998)

水曜どうでしょうDVD第10弾「東京2泊3日70km/マレーシアジャングル探検」のセリフを“文字”にしてみました!

東京を徒歩で2泊3日で制覇を目指す「東京2泊3日70km」と野生の動物を観察する「マレーシアジャングル探検」のセットです。「マレーシアジャングル探検」は、最高傑作のひとつ「ジャングル・リベンジ」への伏線にもなります。
創成期(1996~1998)

水曜どうでしょうDVD第7弾「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」のセリフを“文字”にしてみました!

水曜どうでしょう海外ロケシリーズの第3弾です。 ヨーロッパ21カ国をレンタカーで全て回ろうという過酷な企画です。 この頃から、番組の企画を重視するミスターと、ゆるく楽しく周りたい三人との温度差が見れます。
円熟期(2002~)

水曜どうでしょうDVD第6弾「ジャングル・リベンジ/6年間の事件簿!今語る!あの日!あの時!/プチ復活!思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」のセリフを“文字”にしてみました!

7年の歳月を経て、マレーシアのジャングルへ再び行く企画です。 壮大に大泉さんをだますところから始まり、過酷なマレーシアのジャングルへ。 ナイトサファリ、ブンブン・ブラウや洞窟探検での人間模様など、見どころ満載な一本です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました